ポーズカフェ
映画・DVD・本・音楽など日々の楽しみを綴る。
プロフィール

Arwen

Author:Arwen
ISONOMIA

QRコード

QR

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

5月16日(火) 「最近のマイブームは?」というトラックバックテーマがありました
これです。最近、こればかり買っています。
 ↓
Image829.jpg

5月9日 (火) ホヤぼーや
ホヤぼーやのクッキー

気仙沼市の観光キャラクー、「ホヤぼーや」のクッキーをいただきました。かわいい。癒されます。

ちなみに本物のホヤも好きです。

5月5日(金・祝) 浮世絵 ねこの世界展
猫好きの友達とTFUギャラリー ミニ モリで開催中の「浮世絵 ねこの世界展」に行って来ました。

猫を擬人化したもの、美人画の中に描かれた猫たち。この展覧会では江戸から明治にかけて活躍した浮世絵師たちの作品が、国芳を中心に構成されています。国芳好きの方は必見かも。

浮世絵は風景画のほうが好きなので、私は広重の「名所江戸百景 浅草田圃酉の町詣」が気に入りました。

会期中、前期(4/28-5/15)と後期(5/17-6/4)で一部作品の入替えがあるようですね。

浮世絵ねこの世界展

5月1日(月) 仙台国際音楽コンクールボランティアプロジェクトVol.23 メルエルト・カルメノワさんを迎えて
メルエルト・カルメノワさんは、昨年の第6回仙台国際音楽コンクールヴァイオリン部門で、第5位に入賞された方です。
場所は、日立システムズ仙台 交流ホール。台原森林公園は山桜がまだたくさん咲いていました。
ここしばらく、連日の残業で消耗し切っている感が大だったので、こういうところに身を置くだけでちょっと気分が上がります。

第1部
シューマン:歌曲 ミルテの花 op.25 第1番 献呈
ヴィエニャフスキ:華麗なるポロネーズ 第1番 ニ長調 op.4
サン=サーンス:序奏とロンドカプリッチオーソ op.28
スーク:愛の歌 op.7-1
ワックスマン:カルメン幻想曲

アンコール曲はラフマニノフのヴォカリーズでした。

ヴァイオリン:メルエルト・カルメノワ
ピアノ:菅原望

第2部
トークセッション

ボランティアプロジェクトは、この形が定着したのかな。最近はずっとこの構成ですね。

4月29日(土) ほっと一息
毎日残業で、街中で働いているのにいろんなものが買えなくて・・・9時前だったら開いているところもあるけれど、ほんのちょっと遠回りになるだけで、もう歩きなくないし。日によっては、駅に着くのがエスパルキッチンが閉まる直前ということもあるし・・・

で、ようやく休日。やることはたまっているけど、とりあえず休み。

4月22日(土) ようやく ISONOMIA
ISONOMIA 2017

発売日から遅れること、約40日。沢田さんのニューCDを聴きました。ここしばらくは4曲構成のミニアルバムでしたので、全曲沢田研二作詞で、曲はバンドメンバーが1曲ずつ作っていました。でも今回は2曲ですから、メンバーの中からというのは考えにくかったのかも。で、作曲は2曲とも白井良明さんです。ロックしています。

CDのジャケットは「3月8日の雲」から同じ写真を使っていますが、少しずつ変わって来ました。

3月8日の雲 2012
3月8日の雲 2012

Pray 2013
Pray 2013

三年想いよ 2014
三年想いよ 2014

こっちの水苦いぞ 2015
こっちの水苦いぞ 2015

un democratic love 2016
un democratic love 2016

このこだわり。まったくぶれていません。
 
4月15日(土) BOX席のストレス
今、仙山線で通っていますが、通勤電車にBOX席って合わないですね。
あれは何ですかね? 窓側の席を空けて通路側に座る。すぐに降りるので、奥の席には座りたくないというのはわかりますが、じゃあ奥の席に座る人は? 荷物を持っていたら出来れば座りたいです。でも窓際しか空いていない。BOX席狭いですし、入りにくいのです。結局は、自分が降りるときのことしか考えていないのでしょうね。

今日見たのは、窓際に座っていた人が降りようとしていたのに、私の前に座っていた通路側の人は浅く座ったまま動く気配がありませんでした。私は出来るだけバッグや足をを引いたつもりでしたが、元々狭い空間ですから、その方は私の足にぶつかって行きました。その後、私の前に座っていた人も立ったのです。背中に大きなリュックを背負っていました。それでは浅くしか座れないですよね。ほんとうに自分のことしか考えてない(怒)

通勤電車は仙石線のような長椅子がいいです。そのほうが乗り降りしやすいと思います。

4月10日(月) 「春にしてみたい事は?」というトラックバックテーマがあったので
根津美術館の「燕子花図屏風」を観に行きたいと思っているのですが、展示されている期間中(4月中旬~5月中旬)東京に行く機会に恵まれず、まだ観たことがありません。そのためだけに行けるほどの余裕はないですしね。今年も無理っぽいです。

でも7月には東京に行くつもりなので、その頃に何か面白い展覧会があればいいなと思っています。現時点のチェックでは、いまいまち惹かれるものはないのですが・・・

3月18日(土) 超高速!参勤交代 リターンズ
超高速!参勤交代 リターンズ

「超高速!参勤交代 リターンズ」(2016)のDVDを観ました。「超高速!参勤交代」(2014)の続編です。前回も書いたと思いますが、本格派時代劇が好きな方には向かない作品かなと思います。

磐城・湯長谷藩の話。参勤を果たした藩主・内藤政醇(まさあつ)と家臣たちでしたが、国元への交代(帰路)もまた難儀が続きます。道中、湯長谷で一揆が起こったとの知らせが入り、往路の倍の速さで帰ることになります。命からがら辿り着いた国元では、城が乗っ取られた後でした。すべては湯長谷藩への復讐に燃える老中・松平信祝(のぶとき)の策略でしたが・・・

絵に描いたような貧乏小藩です。結局、たった7人で戦うことになるのですが、みんな武芸に長けていて、殿様も強いのです。

勧善懲悪的な話ですが、続編なので観ないと気になりますからね。

監督:本木克英
キャスト:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、古田新太 他

3月18日(土) 仙台植物画の会 30周年展
電力ビルのグリーンプラザで、「仙台植物画の会」の展覧会を行って来ました。友達のお母さんが出展しているということだったので観て来ました。

緻密で葉の筋一本一本まで描かれていて、まるで植物図鑑の絵のよう。どの作品も植物愛にあふれていて、楽しく観させていただきました。