ポーズカフェ
映画・DVD・本・音楽など日々の楽しみを綴る。
プロフィール

Arwen

Author:Arwen
ISONOMIA

QRコード

QR

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

6月25日(日) イラストレーター 安西水丸展
安西水丸展

文学館で開催中の、と言っても本日まででしたが、「安西水丸展」を観て来ました。本業はイラストレーターとおっしゃっていたそうですが、漫画、絵本、小説やエッセイの執筆、翻訳など多方面で活躍された方です。

エッセイは雑誌に載っているものを読んだ気がします。村上春樹さんの本の表紙は、安西水丸さんの作品だったのですね。村上春樹さんの本は持っていませんが、「これ知っている」と。本屋さんで見ただけなんですけどね。

シンプルだけどインパクトがあって、そしてユーモアや優しさが感じられます。見る人の気持ちを優しくさせる作品でしたね。


最終日って結構危険。先々月、ルノワール展の最終日に行こうとしたら、電車が強風のために間引き運転をしていて、結局間に合わなくなって諦めたことがありました。今日は観ることが出来てよかったですが、最終日は要注意です。

6月3日(土) 文の會総会・小田豊二講座
今日は仙台文の會の総会がありました。いつもながらの総会でしたね。私は一応書記だったのですけど、荒れまくると、もう何と書いていいかわからなくなります。
ですが、総会後に小田豊二さんの講座が控えていましたので、時間通り終了。よかった。

小田豊二さんは井上ひさしさんのこまつ座で、the座の編集長をされていた方。講座といいいますか講演といいますか、「井上ひさし名言集」というお題で、スクリーンにパワーポイントで作成したものを映し出してお話されるということでした。

会のほうからは、私のパソコンを使わせてほしいという話があったのですけど、私のパソコンにはパワーポイントが入っていないのでお断りしました。トライアル版を入れてちょっとの間使っていましたけど、それっきりでしたから。

当日、「これなんだけど」と見せられたのは、パワーポイントではなく、PDFのファイルでした。私が小田さんの話に合わせて操作することになりました。でも、小田さんもパワーポイントだと思っていたみたいで、ご自分で操作するつもりだったみたいですね。こういうのって、二人でやる場合は事前に打ち合わせとか練習とかしますよね。合図はしていただきましたけど、一発勝負はこわいですね。
なんとか終了してほっとしました。

そして、終了後は懇親会でした。

5月28日(日) 杜の都の「杜」 
仙台駅 杜の都コンサート、今日は神谷さんのチャルダッシュが聴きたくて、電車に乗ろうとしたのですが、電車が15分以上遅れていてギリギリに着いたのです。
これまでの経験から、ギリギリに着いて後ろのほうだと集中できないのはわかっていたのですけど、3階に行ってみました。でももう1列目に入れる隙間はありませんでした。

始まる前に近くを通り過ぎた男女の会話が耳に入りました。

仙台市民は「杜の都」がついたものを目にする機会が多いので、よもや「杜」が読めない人はいないでしょう。「杜の都信用金庫」とか「杜の都の演劇祭」とか。杜の都ではありませんが、「仙台うみの杜水族館」というのもありますし、他にも「杜」という字を使っているものがたくさんあると思います。

ですから、当然のごとく思っていますが、他所から来た人にはポピュラーな漢字ではないのかも。

3階の手すりから、2階の座席の後ろにあった「仙台駅 杜の都コンサート」のポスターが見えていました。それを見た男性のほうが「しゃのみやこ?」って。
そしたら、女性が「『もりのみやこ』だよ」って。
男性:「もりには見えないけど」
女性:「木が三本のもりじゃないよ」
男性:「・・・」

納得していない感じがありありで、去って行きました。

30代くらいだったので、北杜夫さんは知らないでしょうね。では、杜けあきさんはどうでしょう? 


チャルダッシュは聴けましたけど、もっと近くで聴きたかったです。

5月27日(土) 今日の仙台駅 
今日は15時から某会合がありまして、仙台駅に14時40分頃に着きました。

昨日の記事に書いた「仙台駅 杜の都コンサート」が今日もあるのですが、今日は16時開演。ところがもう席が半分近くうまっていたんです。そんな早くから待っているんですね。昨日は17時からで、私は30分ほど前に着いたのですが、入りにくいところにポツポツ空いているくらいだったのです。こんな前から半分近くうまっているのでは仕方ないですね。まして、10分前(昨年の話)なんて席があるわけがありません。

ちなみに、今日のプログラムは「交響曲」。メンデルスゾーンの「イタリア」聴きたかったです。「イタリア」大好きなんですよね。

5月26日(金) 仙台駅 杜の都コンサート
仙台駅2階ステンドグラス前で行われる「仙台駅 杜の都コンサート」。いつもこの時期に金土日と3日連続で行われます。今日は、『協奏曲』の日です。
「イベールのフルート協奏曲聴きたいけど、金曜日の17時じゃね」と思っていたのですが、何をボケているのでしょう。今日は排水管の清掃とガスの点検があるので、仕事お休みにしたのでした。ですから、17時開演でも全然問題なし。

指揮:新田ユリ
仙台フィルハーモニー管弦楽団

チャイコフスキー:奇想的小品 作品62[チェロ:吉岡知広]
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲[ギター:藤元高輝]
イベール:フルート協奏曲[フルート:戸田 敦] 

ホールで聴くのとは違いますけど、これはこれでいいのではないかと思います。但し、座れたらという条件つきですけど。立って、それも後ろのほうとかになると、周りの雑踏の音のほうが気になりますからね。
イベールのフルート協奏曲が聴きたいと思って行ったのですが、アランフェス協奏曲も聴くことが出来てよかったです。アランフェス、どれだけ久しぶり聴いたのでしょう。行ってよかったですね。

5月16日(火) 「最近のマイブームは?」というトラックバックテーマがありました
これです。最近、こればかり買っています。
 ↓
Image829.jpg

5月9日 (火) ホヤぼーや
ホヤぼーやのクッキー

気仙沼市の観光キャラクー、「ホヤぼーや」のクッキーをいただきました。かわいい。癒されます。

ちなみに本物のホヤも好きです。

5月5日(金・祝) 浮世絵 ねこの世界展
猫好きの友達とTFUギャラリー ミニ モリで開催中の「浮世絵 ねこの世界展」に行って来ました。

猫を擬人化したもの、美人画の中に描かれた猫たち。この展覧会では江戸から明治にかけて活躍した浮世絵師たちの作品が、国芳を中心に構成されています。国芳好きの方は必見かも。

浮世絵は風景画のほうが好きなので、私は広重の「名所江戸百景 浅草田圃酉の町詣」が気に入りました。

会期中、前期(4/28-5/15)と後期(5/17-6/4)で一部作品の入替えがあるようですね。

浮世絵ねこの世界展

5月1日(月) 仙台国際音楽コンクールボランティアプロジェクトVol.23 メルエルト・カルメノワさんを迎えて
メルエルト・カルメノワさんは、昨年の第6回仙台国際音楽コンクールヴァイオリン部門で、第5位に入賞された方です。
場所は、日立システムズ仙台 交流ホール。台原森林公園は山桜がまだたくさん咲いていました。
ここしばらく、連日の残業で消耗し切っている感が大だったので、こういうところに身を置くだけでちょっと気分が上がります。

第1部
シューマン:歌曲 ミルテの花 op.25 第1番 献呈
ヴィエニャフスキ:華麗なるポロネーズ 第1番 ニ長調 op.4
サン=サーンス:序奏とロンドカプリッチオーソ op.28
スーク:愛の歌 op.7-1
ワックスマン:カルメン幻想曲

アンコール曲はラフマニノフのヴォカリーズでした。

ヴァイオリン:メルエルト・カルメノワ
ピアノ:菅原望

第2部
トークセッション

ボランティアプロジェクトは、この形が定着したのかな。最近はずっとこの構成ですね。

4月29日(土) ほっと一息
毎日残業で、街中で働いているのにいろんなものが買えなくて・・・9時前だったら開いているところもあるけれど、ほんのちょっと遠回りになるだけで、もう歩きなくないし。日によっては、駅に着くのがエスパルキッチンが閉まる直前ということもあるし・・・

で、ようやく休日。やることはたまっているけど、とりあえず休み。