ポーズカフェ
映画・DVD・本・音楽など日々の楽しみを綴る。
プロフィール

Arwen

Author:Arwen
ISONOMIA

QRコード

QR

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

12月24日(土) すみだ北斎美術館
二日目はすみだ北斎美術館に行きました。場所は江戸東京博物館のちょっと先。道路に面した公園の奥に、シルバーのオブジェのような建物がありました。「北斎なのにこれですか?」という感じの建物です。

11月22日にオープンしたばかりなので、小さな美術館にあふれるばかりの人でした。ロッカーは地下にあったのですが、数が少ないにも係らずかなり空いていました。でも、私のカバンは、フルートと譜面台が入ることを基準にして買ったものなので、長さがあるんですね。入らない、いや、閉まらないという状況になりました。ロッカー、小さいです。大きな荷物を持って来る人は想定されていないのかも。幸い、ちょっと端を持ち上げたら何とか閉まりましたけど。そして、コートは隣のロッカーに入れました。一人で2つも使っては申し訳ないですけど、カバンとロングコート、一緒には入りませんでした。

企画展示室は4Fからで、途中3Fに下ります。企画展が「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」というのは、100年もの間行方不明だった「隅田川両岸景色図巻(すみだがわりょうがんけしきずかん)」が昨年再発見され、それが海外から里帰りしたこと、世界中に散逸した北斎の名品が里帰りして展示されることから、「北斎の帰還」というテーマになっています。
序章「北斎のイメージ」、1章「北斎の描いたすみだ」、2章「幻の絵巻-隅田川両岸景色図巻-」、3章「名品ハイライト」

常設展では白黒写真を基に推定復元した『須佐之男命厄神退治之図(すさのおのみことやくじんたいじのず)』を観ることができます。これは関東大震災で焼けてなくなり、白黒写真しか残っていなかったものなんですね。

常設展のエリアはタッチパネルで解説を読めるようになっているのですが、あれは操作した人だけが読める(横から少しは見えますが)、あるいは操作した人の興味があるものということになるので、なんかいまいちな気がします。それでも、もっと空いているときなら一人で読みたいだけ読めるかもしれませんが、人がたくさんいる状態では周りが気になって、ずっと読んでいるのは気が引けます。

人が多くて、中々進めず、企画展の4Fスペースが終わったところで休憩、3F終了後に『須佐之男命厄神退治之図(すさのおのみことやくじんたいじのず)』の推定復元のビデオを見ながら休憩。常設展を観終わった後にまた休憩と休憩が多かったですね。

ミュージアムショップはほんのわずかなスペースなのですが、人がすごかったです。買わないけど、どんなものを売っているのかは見たいですよね。

そして建物の周りを一周。見れば見るほどシルバーのオブジェです。

すみだ北斎美術館

*  *  *

ほんとうはもう一ヶ所行きたいところがあったのですが、北斎美術館でかなりの時間を取ってしまいました。疲れたし、今回はこれだけにすることにしました。
そして、3連休の東京駅の人の多さにやられてしまいました。新幹線はあと5分で仙台というアナウンスがあるまで爆睡しておりました。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pausecafe.blog72.fc2.com/tb.php/1383-08ed3168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)