ポーズカフェ
映画・DVD・本・音楽など日々の楽しみを綴る。
プロフィール

Arwen

Author:Arwen
ISONOMIA

QRコード

QR

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

7月16日(日) 大江戸クルージング
大江戸クルージング

東京、暑いです。
夏は仙台にいるのが一番なのはわかっているのですが、そんなことを言っていると観たい物も観られません。

さて、メインイベントの前に、太田記念美術館に行くことにしました。原宿駅近くにある浮世絵専門の美術館で、今回で3回めです。前のときも外国の方が観に来ていましたが、今回は外国人率高かったですね。

今展示されているのは「大江戸クルージング」というタイトルで、江戸の水辺を描いたもの。当時は堀や水路が張り巡らされた「水の都」だった江戸。舟遊びを楽しんだり、交通手段や物資を運ぶものとして、生活の中に船は欠かせないものでした。そんな江戸のウォーターフロントが描かれています。

浮世絵は風景画のほうが好きなので、広重の作品をたくさん観ることが出来てよかったです。
絵の説明の中に船の説明もされていて、

猪牙舟(ちょきぶね)
屋根船(やねぶね)
屋形船 (やかたぶね)
高瀬舟(たかせぶね)
弁才船/弁財船(べざいせん/べざいぶね/べんざいせん)

時代小説では、たぶんこんな感じかなと思って読んでいましたが、視覚的によくわかりました。特に、屋根船と屋形船の違いとか。時代小説を読む私にはとても大事なこと。


美術館は冷えていましたが、外の暑さは大変なもの。

次はNHKホールに向かいます。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pausecafe.blog72.fc2.com/tb.php/1424-11c9b421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)