3月10日(日) オペラ「カルメン」

MOVIXのMETオペラビューイング「カルメン」を観て来ました。

3回目にしてようやく、3階の連絡通路に直接たどり着くことが出来ました(笑)

「シネマでオペラ」の講座では、「椿姫」や「カルメン」などの超有名なものはほとんど取り上げられません。有名な作品は数年に一度再演されるので、ずっと続いている講座では敢えて取り上げることはしないのだと思います。
私の場合、まずは有名どころを観たいというのがありました。

ビゼーの「カルメン」は、第1幕の前奏曲、カルメンのアリア「ハバネラ」、第2幕の闘牛士の歌、そして第3、4幕の間奏曲などは単独で演奏されることも多く、組曲や幻想曲もいくつかあります。フルート吹き、フルート愛好家にとってはボルヌのカルメンファンタジーは聴く機会も多い曲ですね。

カルメンはフランス語のオペラ。となると、聞き取れるかが気になります。その時はイタリア語のオペラの話でしたが、先生がおっしゃっていました。イタリア人でも完全にわかるわけじゃないし、いまは字幕が出たりするのだそうですね。高い音だと歌詞が聞き取りづらいし、歌詞は韻を踏んでいるのでなおさらと。
そもそも現代の言葉ではないので、私達が歌舞伎を観るのと同じ感じなのかも。

なので、わからなくても気にしないことにしました。わかったらラッキーくらいの感じで。

ということで、METライブビューイングは今季は残り3作品。まとめて買ったムビチケがあと1枚残っています。あと1つ、さてどうしましょうか。 

0 Comments

Leave a comment